5月30日、東京創元社より文庫版『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』が発売されます。

「静謐な筆致で慟哭と驚愕を描き上げた、青春ミステリの傑作」だとか。て、照れる。

早いところではすでに店頭に並んでいる店舗もあるようです。
また、多くのネット書店でも取り扱いが始まっています。

文庫化にあたって主に表現の細部について改稿を行い、装丁も単行本時から一新されています。
装画については、単行本でもお世話になったげみさんにお忙しいなか新たに描き下ろしていただきました。

『ゴースト』文庫装丁
 ↑ クリックすると大きなサイズに。

すばらしい……。
また、巻末には大森望さんによる初(当然ですが)の解説も収録されていますので、店頭にお立ち寄りの際はぜひ手にとっていただければと思います。
電子版にも解説は収録されているはず(未確認)ですので、そちらはご購入後にご覧いただければと。


新しいものについても出来るだけ早く形にするべく全力を投入しているところですが、まずは文庫版『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』をよろしくお願いします。